介護求人の傾向や動向を知って攻めの就職活動を

日本だけではなく世界各国でも高齢化は年々進み、それに伴い医療福祉系の職業のニーズが増えてきています。医療関係ならどれもまんべんなく需要はありますが、特に介護士や看護師などが需要と供給が一致しない慢性的な人手不足に悩まされています。高齢化が進んできているという事は殆どの方が知っていますが2025年には団塊世代の方々が75歳になり、その数は800万人を超えると言われていて「2025年問題」と呼ばれており、ただでさえ人手が足りない現在よりも更に深刻なものとなります。来たる2025年に向けて医療福祉系の求人は増えてきています。人手不足の現状・今後も需要が途絶える事がないからこそ就職活動を今からでも早く行うか、すぐに就職とまでいかなくても下調べをして知識や情報を取得しておく必要があります。

仕事のメリットとデメリットを知っておく

医療福祉系の仕事は景気により給与が左右されることはあまり無いので不景気に強く、何より人手不足なので求人案件数が少なくて困るという事が無い事が強みです。資格や実務経験があるに越したことはありませんが、資格なし・未経験でも見習いという形で採用されやすいので全くこの業界に携わったことが無い方でも働きながら資格の勉強をしながら経験を積めるという点では初心者の方に有利な職業です。しかしその一方で景気に左右されにくいものの景気が良い時でも給与が良くなるわけではなく基本賃金が安く、ハードな仕事なのに割が合わないと大半の方が感じています。腰や肩などを傷めやすく自分の年齢が上がるとともに筋力や体力が落ちるので、賃金にそこまで不満を感じていなくても物理的な面で仕事を続けることが難しいという点もあります。

今後の傾向を知っておき、前もって備えておく事

介護の仕事にはこの様なメリットとデメリットがつきものですが、それをあらかじめ知っておき覚悟をすることでだいぶ就職後の感想は違うものになります。給与は安いけど求人が圧倒的に売り手市場なのは変わらないので、未経験でもやる気や今後の目標などを面接で強くアピールすると離職率が高いこの業界で長続きする人材とみられて採用されるケースがあるからです。元々経験がある方なら自分がどのような内容の業務をこなしてきたか、どの様なタイプの利用者と接してきたかなどの体験談を武器にして挑むと採用確率が上がります。年齢による体力の低下はあっても60~70歳以上でも現役でバリバリ働いている方々は多いので、年齢や経験不足などの理由で弱気にならず、いかに介護職でやっていきたいかを前に出して攻めの体制で就職活動に挑みましょう。